Home>Shop>紅型アクセサリーシリーズ


紅型アクセサリーシリーズ


琉球紅型コンチョペンダント

こちらは、沖縄の伝統的な織物で有名な紅型の型のモチーフである花と蝶をコンチョペンダントにしてみました。蝶がかわいく、春らしいイメージ。沖縄好きな方にはたまらない作品になってます。

 

¥6,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

小さな小さな沖縄のペンダント

沖縄の代表的な染め織物といえば、紅型。

 

その型の一部である花を切り取って、シンプルにペンダントにしてみました。ここぞとばかりにシンプルに花だけをあしらったペンダントは、観るものを引き付ける、そんなペンダントです。

 

紅型とは?

沖縄の型染。藍一色で染める藍型(あいがた∥えーがた)に対して赤,黄,緑,紫等の多色の型染をいう。この名称は古くはなく,昭和初期に伊波普猷(いはふゆう)が初めて用いたとされる。紅型の技法は15世紀半ばころには琉球国ですでに行われていたが,琉球の地理的関係から日本の型染,中国・南方の印金(いんきん)の技法など相互の交流によって成立発展したものとみられる。紅型は型紙の大きさによって3種に分けられる。大(おお)模様型 奉書全紙の大きさで,絵画的な大模様のもの。

 

そんな歴史の一部を切り取ったペンダントをシルプル身に付けてお出掛けしてみませんか?

 

¥7,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

親とりっちリング

沖縄の代表的な染め織物といえば、紅型。

 

その型の一部である鳥を切り取って、シンプルにリングにしてみました。ここぞとばかりにシンプルに鳥だけをあしらったリングは、観るものを引き付ける、そんなリングです。

 

アームの部分は身に付けやすいように二ミリの丸線でリングにしているので、シックリと指になじむタイプになってます。

 

紅型とは?

沖縄の型染。藍一色で染める藍型(あいがた∥えーがた)に対して赤,黄,緑,紫等の多色の型染をいう。この名称は古くはなく,昭和初期に伊波普猷(いはふゆう)が初めて用いたとされる。紅型の技法は15世紀半ばころには琉球国ですでに行われていたが,琉球の地理的関係から日本の型染,中国・南方の印金(いんきん)の技法など相互の交流によって成立発展したものとみられる。紅型は型紙の大きさによって3種に分けられる。大(おお)模様型 奉書全紙の大きさで,絵画的な大模様のもの。

 

そんな歴史の一部を切り取ったリングをシルプル身に付けてお出掛けしてみませんか?

 

リングのサイズは16号になります。

 

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

子とりっちリング

沖縄の代表的な染め織物といえば、紅型。

 

その型の一部である鳥を切り取って、シンプルにリングにしてみました。ここぞとばかりにシンプルに鳥だけをあしらったリングは、観るものを引き付ける、そんなリングです。

 

アームの部分は身に付けやすいように二ミリの丸線でリングにしているので、シックリと指になじむタイプになってます。

 

紅型とは?

沖縄の型染。藍一色で染める藍型(あいがた∥えーがた)に対して赤,黄,緑,紫等の多色の型染をいう。この名称は古くはなく,昭和初期に伊波普猷(いはふゆう)が初めて用いたとされる。紅型の技法は15世紀半ばころには琉球国ですでに行われていたが,琉球の地理的関係から日本の型染,中国・南方の印金(いんきん)の技法など相互の交流によって成立発展したものとみられる。紅型は型紙の大きさによって3種に分けられる。大(おお)模様型 奉書全紙の大きさで,絵画的な大模様のもの。

 

そんな歴史の一部を切り取ったリングをシルプル身に付けてお出掛けしてみませんか?

 

もちろん、語尾にリッチって付くだけあって、身に付けてるとリッチになれるかも?

 

リングサイズは14号になります。

 

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

ドラゴンフライリング

沖縄の代表的な染め織物といえば、紅型。

 

その型の一部であるトンボを切り取って、シンプルにリングにしてみました。トンボだけをあしらったリングは、観るものを引き付ける、そんなリングです。

 

 

インディアンのシンボルでもあるドラゴンフライ(とんぼ)は、幸せ、スピード、純粋さ、変化、生活に欠かせない水を表します。

 

アームの部分は身に付けやすいように二ミリの丸線でリングにしているので、シックリと指になじむタイプになってます。

 

紅型とは?

沖縄の型染。藍一色で染める藍型(あいがた∥えーがた)に対して赤,黄,緑,紫等の多色の型染をいう。この名称は古くはなく,昭和初期に伊波普猷(いはふゆう)が初めて用いたとされる。紅型の技法は15世紀半ばころには琉球国ですでに行われていたが,琉球の地理的関係から日本の型染,中国・南方の印金(いんきん)の技法など相互の交流によって成立発展したものとみられる。紅型は型紙の大きさによって3種に分けられる。大(おお)模様型 奉書全紙の大きさで,絵画的な大模様のもの。

 

そんな歴史の一部を切り取ったリングをシルプル身に付けてお出掛けしてみませんか?

 

リングサイズは9号になります。

 

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

バタフライリング

沖縄の代表的な染め織物といえば、紅型。

 

その型の一部であるバタフライを切り取って、シンプルにリングにしてみました。バタフライだけをあしらったリングは、観るものを引き付ける、そんなリングです。

 

 

インディアンのモチーフでもあるバタフライは、

力強く羽ばたき続ける事から生命力の象徴、またエネルギーを表しています。 その他に、サナギからふ化する様が変形や変化の象徴ともされています。

 

アームの部分は身に付けやすいように二ミリの丸線でリングにしているので、シックリと指になじむタイプになってます。

 

紅型とは?

沖縄の型染。藍一色で染める藍型(あいがた∥えーがた)に対して赤,黄,緑,紫等の多色の型染をいう。この名称は古くはなく,昭和初期に伊波普猷(いはふゆう)が初めて用いたとされる。紅型の技法は15世紀半ばころには琉球国ですでに行われていたが,琉球の地理的関係から日本の型染,中国・南方の印金(いんきん)の技法など相互の交流によって成立発展したものとみられる。紅型は型紙の大きさによって3種に分けられる。大(おお)模様型 奉書全紙の大きさで,絵画的な大模様のもの。

 

そんな歴史の一部を切り取ったリングをシルプル身に付けてお出掛けしてみませんか?

 

リングサイズは15号になります。

 

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日