Home>Shop>沖縄面白アクセサリーシリーズ


沖縄面白アクセサリーシリーズ


季節はずれのジャックランタンピアス

ハロウィンを賑わせるジャックランタンが、季節外れの春にピアスになって帰ってきた!

 

そんなへなちょこの顔をしたジャックランタン。

 

左右ちょっと顔が違うけど、それも楽しく身に付けてもらえたら、楽しいかと思います。

 

沖縄の面白いシルバーアクセサリーとしては、ちょっと笑えるそんなピアスです。

¥3,500

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

のまんじゅうペンダント

沖縄の伝統的な銘菓の一つ、のまんじゅうをペンダントにしてみました。沖縄の子供なら誰もが口にするまんじゅう。沖縄好きな方にはたまらない作品になってます。

¥4,500

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

ちんすこうペンダント

沖縄の伝統的な銘菓の一つ、ちんすこうをペンダントにしてみました。沖縄の子供なら誰もが口にするお菓子。観光客なら知らないはずはないお菓子。沖縄好きな方にはたまらない作品になってます。

¥4,500

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

ゴーヤーコンチョペンダント

沖縄の代表的な野菜といえば、そう!ゴーヤー!!

 

沖縄に馴染み深くて、今では、日本中で食べられてるゴーヤー。

そんなゴーヤーをさりげなくコンチョペンダントにしてみました。

 

コンチョとは?

コンチョ(concho)とは金属の「飾りボタン」のことです。

 

財布や鞄、洋服のボタンやアクセサリーの部品として使うことが多いです。

 

語源はスペイン語で、コンチャ(concha)とも呼ばれています。

 

丸という形には初めもなく終わりもないこと、太陽や月

も丸いこと、季節は循環し、 人の世代も誕生と成長と

死を繰り返し循環することなどから、円環は宇宙全体を

象徴する形と考えられている。 また、人々の「輪」

や、万物の調和を象徴するとも考えられている。円満に事がいく。丸く収まるという意味合いを込めています。

 

沖縄好きなお客さまには必見ですよ。

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

パーランクーコンチョペンダント

そんなパーランクーをコンチョペンダントにしてみました。

 

もちろん、エイサーファンにとっては、堪らないペンダント!

 

今年の夏は、パーランクーコンチョペンダントを身に付けて、エイサーを見ると一味違うかも。

 

コンチョとは?

コンチョ(concho)とは金属の「飾りボタン」のことです。

 

財布や鞄、洋服のボタンやアクセサリーの部品として使うことが多いです。

 

語源はスペイン語で、コンチャ(concha)とも呼ばれています。

 

丸という形には初めもなく終わりもないこと、太陽や月

も丸いこと、季節は循環し、 人の世代も誕生と成長と

死を繰り返し循環することなどから、円環は宇宙全体を

象徴する形と考えられている。 また、人々の「輪」

や、万物の調和を象徴するとも考えられている。円満に事がいく。丸く収まるという意味合いを込めています。

 

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

ムーチーコンチョペンダント

沖縄のムーチーをコンチョペンダントにしてみました。

 

ムーチー(餅、鬼餅)は、沖縄県で食される菓子の一種。「餅」の沖縄方言であり、サンニン(月桃)の葉で巻くことから「カーサムーチー」と呼ばれることもある。餅粉をこね、白糖や黒糖、紅芋などで味付けを行い、月桃の葉で巻き、蒸して作る。旧暦の12月8日(グレゴリオ暦では概ね1月)に、健康・長寿の祈願のため縁起物として食される。ムーチーを食べる旧暦の12月8日(新暦の1月下旬から2月上旬)は沖縄では最も寒い時期であり、この時期を沖縄方言でムーチービーサー(鬼餅寒)と呼んでいる。

 

「鬼餅」の由来は沖縄本島の民話による。その内容は、昔、首里から大里に移り住んだ男が夜な夜な鬼になって人畜を襲うことから、その男の妹が憂いて、鉄釘入りのムーチー(鉄の塊とする場合もある)を兄に食べさせ、弱ったところを海に蹴り落として殺したというものである。このように、鬼退治にムーチーが使われたことから「鬼餅」と呼ばれることとなりました。

 

その沖縄好きには、たまらないペンダント。一工夫珍しいペンダントが好きな方は、必見ですよ。

 

 

コンチョとは?

コンチョ(concho)とは金属の「飾りボタン」のことです。

 

財布や鞄、洋服のボタンやアクセサリーの部品として使うことが多いです。

 

語源はスペイン語で、コンチャ(concha)とも呼ばれています。

 

丸という形には初めもなく終わりもないこと、太陽や月

も丸いこと、季節は循環し、 人の世代も誕生と成長と

死を繰り返し循環することなどから、円環は宇宙全体を

象徴する形と考えられている。 また、人々の「輪」

や、万物の調和を象徴するとも考えられている。円満に事がいく。丸く収まるという意味合いを込めています。

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

クバオオジコンチョペンダント

クバオオジとは、クバの葉で出来た扇のこと。

 

沖縄では、戦前、クバの葉を扇子がわりに扇いで使ってたもので、近年だと、エイサーのチョンダラーがもって扇いでいる扇子になります。

 

そんな民具の1つであるクバオオジをコンチョペンダントにしてみました。

 

クババーキを真鍮で表すことによって、より扇子らしく見えるのが特徴です。

 

あなたも沖縄の文化に触れたクバオオジコンチョペンダントを身に付けて、沖縄に思いをはせてみませんか?

 

コンチョとは?

コンチョ(concho)とは金属の「飾りボタン」のことです。

 

財布や鞄、洋服のボタンやアクセサリーの部品として使うことが多いです。

 

語源はスペイン語で、コンチャ(concha)とも呼ばれています。

 

丸という形には初めもなく終わりもないこと、太陽や月

も丸いこと、季節は循環し、 人の世代も誕生と成長と

死を繰り返し循環することなどから、円環は宇宙全体を

象徴する形と考えられている。 また、人々の「輪」

や、万物の調和を象徴するとも考えられている。円満に事がいく。丸く収まるという意味合いを込めています。

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

ハブとマングースーの仁義なき戦いペンダント

沖縄では、名物となっていたハブとマングースーの戦いをペンダントにしてみました。

最近では、沖縄では、戦うのを見ることもなくなり、それを再現したくて、ペンダントに仕上げました。

 

そんな沖縄で見れなくなったハブとマングースーの仁義なき戦いペンダントを懐かしみながら、身に付けて見ませんか?

¥8,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

宮古島のパーントゥーペンダント

宮古島のパーントゥーの神様をペンダントにしてみました。ちょっとコミカルな顔が癖になるペンダントになってます。

 

パーントゥーとは?

 宮古島北部・島尻集落に伝わる伝統行事です。旧暦9月、全身泥まみれの奇妙な格好をした3匹の神様が集落に現れ、人々、家、車に泥を塗りまくります。泥を塗られた者には無病息災が訪れるそうですが、なんとも奇妙な祭りです。正式にはパーントゥ・プナハといい、年に三回あるプナハ行事の最終回にあたります。

 

そんな由来のある神様をペンダントに身に付けてみませんか?

¥8,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

みるくの神様ペンダント

沖縄のお祭りの象徴としてとりあげられることの多いミルクは、海の向こうから五穀豊穣、幸福をもたらすとして崇められている神様。

 

そんな素敵な神様をペンダントにしてみました。

どこか愛くるしい、そのみるくの神様は、身に付けていて、癒されますよー。

 

そんな由来のある神様をペンダントに身に付けてみませんか?

¥8,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

チョンダラーペンダント

沖縄の夏の風物詩といえば、エイサー!

そのエイサーの場を盛り上げてくれるのがチョンダラー!

 

チョンダラーとは?

 

京太郎(チャンダラー、チョンダラー)は、沖縄の伝統芸能のひとつ、またその演者。20世紀以降に形作られた現代のエイサーにおいては、構成要素のひとつとして組み込まれている。地域によってはコッケイ、サンダー(三郎)、ナカワチ、チョーギナーなどとも称される。

 

古くから琉球には京太郎と称される門付け芸があり、祝福芸、念仏踊り、人形芝居などを演じていた。18世紀初頭の時点で、その由来については京から渡来したものとも、京太郎という人物が作ったものとも、もはや不明となっていたという。琉球王朝時代には、首里に安仁屋(アンニャ、「行脚」とも)村と称する念仏者(ニンブチャー)の集落があり、京太郎たちが広く各地を歩き回っていたという。明治期には門付けは廃れていたが、芝居の出し物として構成されることがあった。

 

組踊『万歳敵討』には、主人公が京太郎に扮して敵討ちの相手に近づこうとする場面がある。

 

また、沖縄の各地に伝わる獅子舞の伝播に関して、京太郎が関わったとする伝承が残されている例がある。

 

現代のエイサーにおいては、顔を白塗りにして滑稽な所作で場を盛り上げながら、隊列の整理をする役割として、京太郎を加えることがよくある。これはサナジャー(ふんどし姿の意)と呼ぶのが本来ともされるが、京太郎と呼ぶことも多い。

 

 

そのチョンダラーをコミカルにも、ペンダントにしてみました。

 

そんなひょうきんなチョンダラーを身に付けていてみませんか?

¥10,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

エイサーをするシーサーペンダント

沖縄の夏の終わりの風物詩といえば、エイサーですね。

 

そのエイサーをコミカルにも、シーサーが踊ってるのを表現し、ペンダントにしてみました。

 

エイサーとは?

 

本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつで、主に各地域の青年会がそれぞれの型を持ち、旧盆の夜に地域内を踊りながら練り歩く。

 

一言で「エイサー」と言ってもその形態はいくつかに分類され、現在ほとんどの青年会が、大太鼓、締め太鼓を中心とした「太鼓エイサー」であり、沖縄県中部が最も盛んな地域と言われている。その中でも旧与那城町、旧勝連町で見られるエイサーは「パーランクー」という方張りの太鼓を用いたエイサーがほとんどで、締め太鼓とは違った雰囲気を醸し出す。

 

また、太鼓を使わない「手踊りのみのエイサー」もあり、本島北部にいくつか存在するが、これがエイサーの最も古い形ではないかと言われている。

 

そんな可愛く、沖縄の夏の終わりの風物詩でもあるエイサーをコミカルに踊ってるシーサーを身に付けてみませんか?

 

¥8,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

種馬ダンサーwithじゅり馬ペンダント

種馬ダンサーなるダンサーが沖縄の伝統芸能の一つであるじゅり馬を使って、踊っているのを再現して、ペンダントとして閉じ込めてみました。

 

じゅり馬とは?

沖縄県那覇市で旧暦正月20日に行われる芸能。ジュリ(尾類)とは沖縄の遊女のこと。由来は、琉球(りゅうきゅう)王国時代に役人が自分の娘を遊女に仕立て、海外からやってくる貿易商人を接待させたが、父に会えなくなった娘たちがジュリウマ行列を計画して、年に一度だけ見物人に紛れている父に会えるようにしたと伝えられている。旧遊廓(ゆうかく)の辻町(つじまち)を上村渠(ういんだかり)と前村(めーん)渠に分け、それぞれ獅子舞(ししまい)と弥勒(みろく)神を先頭に、美しく着飾った芸妓(げいぎ)たちが、馬首をかたどった板を前帯に挟み、手綱を持って「ユイ、ユイ、ユイ」とにぎやかに囃(はや)しながら街中を練り歩いた、春駒(はるごま)系の芸能である。本来は小正月(こしょうがつ)の民俗行事の名残(なごり)で、遊廓の仕事始め、客寄せの意味をもつものであったが、その後商売繁盛を祈願するものとなった。1989年(平成1)から中断したが、2000年に再開。旧暦5月4日のハーリー(爬竜)船競漕、新暦10月10日(2000年からは体育の日の前日)に行われる那覇まつり(大綱引など)とともにかつては那覇の三大祭りの一つであった。

 

そんな歴史のあるものを現代風にアレンジしてペンダントとして閉じ込め、付けているだけでも、回りから笑いがもれるペンダント。

笑いの伝道師になれるペンダントはいかが?

 

¥8,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

サバニとエークペンダント

沖縄では、ハーリーというサバニを使ったレースがあり、そのハーリーで使うエークを使って、みんなで漕いで、競いあいます。

 

サバニとは?

 

サバニ(鱶舟)は、琉球列島の漁業従事者に古くから使われていた漁船の名称である。推進方法はエークと呼ばれる櫂、四角帆、エンジンの3種類であるが、近年はエンジン推進が主流である。独特な形状をもつエークは漕ぐだけでなく帆走時には舵としても使われる。戦後のエンジンの普及で、伝統的なサバニの帆漕技術は急激に失われつつある。

 

サバニにマストを立て、帆(フー)をかけた状態。下から7本のバテン(帆桟=フーザン)が見える。左後方に伸びているのは手綱(ティエンナ)で、これで帆を制御する。

 

そんなサバニとエークを掛け合わせたペンダントを作ってみました。

 

沖縄の海を連想させる、そんなペンダントを身に付けてみませんか?

 

¥7,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

がじゅまるペンダント

子供の頃、がじゅまるの木に登って遊んだ思い出がよみがえりそうなそんなペンダント。

 

それをペンダントにして再現してみました。

もちろん、がじゅまるの木に登ってる子も。。

 

がじゅまるとは?

 

クワ科の常緑高木で,南西諸島や小笠原諸島,熱帯アジアに広く分布する。幹は太くて瘤や皺が多く,分枝してよく茂る。幹や枝から多数の細い気根を垂らし,地面に届いて,支柱根になる。葉は長さ5~10cmの倒卵形で厚く,上面は緑色でつやがあり,1cmほどの葉柄があって互生する。果実はイチジクに似ているが,ずっと小さく直径 8mmぐらいで,赤く熟する。材は軽くて模様があり,沖縄では盆や砂糖樽などに用いる。

 

もちろん、がじゅまるには精霊が宿ってるとも言われます。

 

こちらは、シャツや普段着と相性ばっちり!!

 

そんな思い出が詰まったがじゅまるペンダントを身に付けてみませんか?

 

¥8,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

きじむなーペンダント

沖縄の代表的な妖怪と言えば、キジムナー。

 

そんなキジムナーを可愛らしく、ユーモアにペンダントにしてみました。

 

キジムナーとは?

 

キジムナー(ぶながやー)は、沖縄諸島周辺で伝承されてきた伝説上の生物、妖怪で、樹木(一般的にガジュマルの古木であることが多い)の精霊。 沖縄県を代表する精霊ということで、これをデフォルメしたデザインの民芸品や衣類なども数多く販売されている。

 

こちらは、革ひもと付けるのがおすすめ!

 

もちろん、チョーカーのように付けるのもかわいく決まります。

 

そんな愛くるしい妖怪、キジムナーを身に付けてみませんか?

 

¥5,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

琉球ハジチ 沖縄style

沖縄では見ることのなくなったハジチ。

そんなハジチをペンダントにこめて作ってみました。

 

ハジチとは?

 

明治の末ごろまで沖縄で広く行われていた女性の入れ墨。成女儀礼として指から手の甲、ひじにかけて施された。模様はデザイン的な美しさと呪術的な意味合を備え、女性の一番のおしゃれだったという。1899年に入れ墨の禁止令がだされたが、昭和の初期まで密かに行われていたという。

 

 

ひとつひとつ入ってるものには意味もあり、それを調べてみるのも魅力の1つ。

 

こちらは、カジュアルな服と一緒に付けてもらいたいアイテム。

 

そんな歴史のあるペンダントを身に付けてみませんか?

 

¥7,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

琉球ハジチ 大島ベーシックstyle

沖縄では見ることのなくなったハジチ。

そんなハジチをペンダントにこめて作ってみました。

 

ハジチとは?

 

明治の末ごろまで沖縄で広く行われていた女性の入れ墨。成女儀礼として指から手の甲、ひじにかけて施された。模様はデザイン的な美しさと呪術的な意味合を備え、女性の一番のおしゃれだったという。1899年に入れ墨の禁止令がだされたが、昭和の初期まで密かに行われていたという。

 

 

ひとつひとつ入ってるものには意味もあり、それを調べてみるのも魅力の1つ。

 

こちらは、カジュアルな服と一緒に付けてもらいたいアイテム。

 

そんな歴史のあるペンダントを身に付けてみませんか?

 

¥7,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日

琉球ハジチ 大島style

沖縄では見ることのなくなったハジチ。

そんなハジチをペンダントにこめて作ってみました。

 

ハジチとは?

 

明治の末ごろまで沖縄で広く行われていた女性の入れ墨。成女儀礼として指から手の甲、ひじにかけて施された。模様はデザイン的な美しさと呪術的な意味合を備え、女性の一番のおしゃれだったという。1899年に入れ墨の禁止令がだされたが、昭和の初期まで密かに行われていたという。

 

 

ひとつひとつ入ってるものには意味もあり、それを調べてみるのも魅力の1つ。

 

こちらは、カジュアルな服と一緒に付けてもらいたいアイテム。

 

そんな歴史のあるペンダントを身に付けてみませんか?

 

¥7,000

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-6日